四月七日の地震(じしん)見舞(みまい)御礼(おんれい)

4月7日の夜半(よわ)、午後11時32分に宮城県(みやぎけん)(おき)震源(しんげん)とするマグニチュード7.1の大地震(おおじしん)当地(とうち)(おそ)いました。震度(しんど)は6(じゃく)とはいえ、()る3月11日の大震災(だいしんさい)より(たて)()れは(はげ)しく(かん)じられたのです。

()れが(おさ)まってから、弟子(でし)(ともな)って(ただ)ちに毘沙門堂(びしゃもんどう)以下(いか)諸堂(しょどう)(およ)御神域(ごしんいき)境内(けいだい)検断(けんだん)(おもむ)きましたが、五尺(ごしゃく)毘沙門(びしゃもん)(さま)(うつぶ)せに(たお)れ、丈六(じょうろく)御不動(おふどう)(さま)(ひざ)がばらばらになるなど、(おお)きな被害(ひがい)(しょう)じました。(なに)より半月(はんつき)(つい)やしてようやく修繕(しゅうぜん)()んだ金堂(こんどう)本堂(ほんどう)白壁(しらかべ)(ふたた)(はげ)しく(はが)がれ()ちた惨状(さんじょう)()()たりにして、まさに断腸(だんちょう)(おも)いに()られました。スマトラ(おき)大地震(おおじしん)三月後(みつきのち)最大(さいだい)余震(よしん)観測(かんそく)したのは()っていましたが、まさか震度(しんど)5を()える余震(よしん)見舞(みま)われるとは、予想(よそう)だにしなかったのです。

翌金曜日(よくきんようび)(らい)(ざん)した職人(しょくにん)とともに(あらた)めて検断(けんだん)しましたが、3月11日の大震災(だいしんさい)(おと)らぬ被害(ひがい)確認(かくにん)さました。その状況(じょうきょう)下記(かき)(とお)りですが、(さいわ)寺族(じぞく)一同(いちどう)無事(ぶじ)ですので、御安心(ごあんしん)(くだ)さいますよう御願(おねが)い申し上げます。また沢山(たくさん)御見舞(おみま)(たまわ)りましたことに、(こころ)より御礼(おんれい)(もう)()げます。

(まさ)(さい)河原(かわら)(いし)()みですが、地震(じしん)()けるわけにはいかないと(おも)今日(きょう)この(ごろ)です。

これからも(はげ)しい()れに(おそ)われることが予想(よそう)されますが、できる(かぎ)修復(しゅうふく)(いそ)ぎたいと(おも)いますので、御力添(おちからぞ)えを(たまわ)ります(よう)御願(おねが)(もう)()げます。

                             合掌(がっしょう)

(たっ)谷窟(こくのいわや)別當(べっとう)


余震(よしん)被害(ひがい)状況(じょうきょう)報告(ほうこく)(平成23年4月20日現在)


境内(けいだい)

大燈(だいとう)(ろう)()(ぶくろ)破損(はそん)西側(にしがわ)二本(にほん)()

大燈(だいとう)(ろう)傾倒(けいとう)倒壊(とうかい)(おそ)れあり(東側(ひがしがわ)一本目(いっぽんめ)

大燈(だいとう)(ろう)竿(さお)移動(いどう)東側(ひがしがわ)二本目(にほんめ)

(とび)(さわ)墓地(ぼち)墓石(はかいし)四基(よんき)倒壊(とうかい)傾倒(けいとう)(およ)びずれ(など)多数(たすう)

三之(さんの)鳥居前(とりいまえ)石橋(いしばし)石垣(いしがき)(はら)み崩壊の恐れあり、また石橋(いしばし)亀裂(きれつ)発生(はっせい)


建物

修復(しゅうふく)完了(かんりょう)金堂壁(こんどうかべ)にさらに(はげ)しい亀裂(きれつ)崩落(ほうらく)(しょう)じる
御供所壁(ごくしょかべ)亀裂(きれつ)崩落(ほうらく)進行(しんこう)
庫裏壁(くりかべ)亀裂(きれつ)崩落(ほうらく)進行(しんこう)

修復(しゅうふく)完了(かんりょう)した本堂壁(ほんどうかべ)にさらに(はげ)しい亀裂(きれつ)(しょう)じる
諸堂(しょどう)軸部(じくぶ)(ゆる)発生(はっせい)


宝物(たからもの)什器(じゅうき)(など)
毘沙門天像(びしゃもんてんぞう)一体(いったい)転倒(てんとう)大破(たいは)等身(とうしん)立像(りゅうぞう)

丈六(じょうろく)不動(ふどう)(そん)(ひざ)前腕(まえうで)(とう)部材(ぶざい)剥離(はくり)破損(はそん)

毘沙門堂(びしゃもんどう)(およ)雪洞(ぼんぼり)転倒(てんとう)大破(たいは)

その()位牌(いはい)仏具(ぶつぐ)(とう)転倒(てんとう)多数(たすう)



 (たい)   (しょ)
 4月7日(木)
地震(じしん)発生(はっせい)当日(とうじつ)御神域(ごしんいき)及び(および)境内(けいだい)諸堂(しょどう)検断(けんだん)位牌(いはい)転倒(てんとう)(など)軽微(けいび)なものは(ただ)復旧(ふっきゅう)復元(ふくげん)(おこな)う。

翌日(よくじつ)(たっ)(こく)西光寺(せいこうじ)番匠(ばんしょう)(しき)宮大工(みやだいく)佐藤(さとう)時男(ときお)棟梁(とうりょう)諸堂(しょどう)被害(ひがい)調査(ちょうさ)(うえ)軸組(じくぐみ)(など)修繕(しゅうぜん)(おこな)う。(おな)じく((ゆう)新生(しんせい)(いし)(どう)(ろう)墓石(ぼせき)(とう)被害(ひがい)調査(ちょうさ)來山(らいざん)西洞(さいどう)左官(さかん)土壁(つちかべ)破損(はそん)状況(じょうきょう)確認(かくにん)。また、等身大(とうしんだい)毘沙門天像(びしゃもんてんぞう)仰向(あおむ)けにして破損(はそん)部品(ぶひん)(ひろ)(あつ)め、(たま)()きののち養生(ようじょう)シートで(かこ)う。

9日(土)の午後(ごご)()(ころ)、ようやく停電(ていでん)復旧(ふっきゅう)したので、掃除機(そうじき)とコンプレッサーを活用(かつよう)して、土曜(どよう)日曜(にちよう)職員(しょくいん)総出(そうで)大掃除(おおそうじ)(おこな)う。

13日(水)に黙笑(もくしょう)(あん)佐久間(さくま)仏師(ぶっし)(らい)(ざん)等身(とうしん)毘沙門天像(びしゃもんてんぞう)修繕(しゅうぜん)のため工房(こうぼう)移送(いそう)する。16日(土)に修復(しゅうふく)(おわ)って入魂(にゅうこん)遷座(せんざ)

18日(月)に((ゆう)新生(しんせい)西側(にんがわ)二本目の(とう)(ろう)()(ぶくろ)(しゅう)(ふく)し、東側(ひがしがわ)一本目(いっぽんめ)二本目(にほんめ)の燈(ろう)解体(かいたい)()(なお)す。また、(てん)(とう)した墓石(はかいし)復元(ふくげん)工事(こうじ)完了(かんりょう)

金堂(こんどう)本堂(ほんどう)御供所(ごくしょ)庫裡(くり)の壁は西洞(さいどう)左官(さかん)が多忙のため、6月より修繕(しゅうぜん)開始(かいし)予定(よてい)。また、不動明王像(ふどうみょうおうぞう)(けん)指定(してい)文化(ぶんか)(ざい)のため、当局(とうきょく)指示(しじ)()って修繕(しゅうぜん)(おこな)う。

その()三之(さんの)鳥居前(とりいまえ)石橋(いしばし)()(きょう)危険(きけん)であるため、近日中(きんじつちゅう)()()予定(よてい)仏具(ぶつぐ)(とう)修理(しゅうり)漸次(ぜんじ)実施(じっし)予定(よてい)





觀櫻會(かんおうえ)御案内(ごあんない)

 今年(こんねん)四月(しがつ)二十九日(にじゅうきゅうにち)(金)の觀櫻會(かんおうえ)において、恒例(こうれい)()神楽(かぐら)奉納(ほうのう)諸般(しょはん)事情(じじょう)()り、今年度(こんねんど)執行(しっこう)いたしませんので、御諒解(ごりょうかい)のほど御願(おねが)(もう)()げます。当日(とうじつ)午後(ごご)五時(ごじ)より神事(しんじ)ののち、御供所(ごくしょ)にて直會(なおらい)()(なこな)いますので、御参集(ごさんしゅう)のほど御願(おねが)(もう)()げます。
                            
合掌(がっしょう)

                       

 白山別當驚攪院(はくさんべっとうきょうがくいん)



拝観(はいかん)時間(じかん)変更(へんこう)のお知らせ

平成23年4月1日から、拝観(はいかん)時間(じかん)下記(かき)(とお)変更(へんこう)いたしますので、御諒解(ごりょうかい)のほどお(ねが)い申し上げます。

達谷窟毘沙門堂別當(たっこくのいわやびしゃもんどうべっとう)(たっ)(こく)西光寺(せいこうじ)

 4月1日〜11月23日   8時〜17時

11月24日〜3月31日   8時〜16時30分


震災(しんさい)見舞(みまい)御礼(おんれい)

(はじ)めに、()る三月十一日の東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)()くなられた多くの御霊(みたま)御悔(おく)やみ申し上げますとともに、被災(ひさい)された方々(かたがた)心底(しんてい)より御見舞(おみまい)い申し上げます。
 さて、
拙寺(せつじ)においては、今般(こんぱん)大震災(だいしんさい)は平成20年6月の大地震(おおじしん)(はげ)しい(たて)()れに(くら)べれば小さくは感じられたのですが、いつまでも(よこ)()れが()まず、各建物(かくたてもの)土壁(つちかべ)(じん)(だい)被害(ひがい)を受けました。

被害(ひがい)状況(じょうきょう)下記(かき)(とお)りですが、怪我人(けがにん)もなく、前回(ぜんかい)被災(ひさい)に較べれば軽微(けいび)なものでしたので、御安心(ごあんしん)下さいますよう御願(おねが)い申し上げますとともに、心温(こころあたた)まる御見舞(おみま)いや御励(おはげ)ましを(たまわ)りましたことに、(あつ)御礼(おんれい)申し上げます。

 皆様(みなさま)御厚情(ごこうじょう)(かさ)ねて深謝(しんしゃ)申し上げますとともに、御來山(ごらいざん)のうえ御物語(おんものがたり)などを(たまわ)りますよう御待(おま)ち申し上げます。

(むす)びに、物故者(ぶっこしゃ)霊位(れいい)往生(おうじょう)極楽(ごくらく)のために念仏(ねんぶつ)回向(えこう)(たてまつ)る。

 南無(なむ)阿弥陀仏(あみだぶつ) 

           合掌(がっしょう)

別當(べっとう)(たっ)(こく)西光寺(せいこうじ)

        東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)被害(ひがい)状況(じょうきょう)報告(ほうこく)(平成23年3月31日現在)

境内(けいだい)
(いし)(どう)(ろう)倒壊(とうかい)西側(にしがわ)一本目(いっぽんめ)

石塔(せきとう)山之(やまの)(かみ)一基(いっき)転倒(てんとう)

(とび)(さわ)墓地(ぼち)墓石(はかいし)一基(いっき)倒壊(とうかい)傾倒(けいとう)及びずれ等多数

蝦蟇ヶ池(がまがいけ)北側(きたがわ)護岸(ごがん)一部(いちぶ)崩落(ほうらく)


建物

毘沙門堂(びしゃもんどう)内陣壁(ないじんかべ)一部(いちぶ)及び(ひだり)脇陣(わきじん)(ゆか)破損(はそん)

薬医門(やくいもん)傾倒(けいとう)(みぎ)控壁(ひかえかべ)破損(はそん)
金堂壁(こんどうかべ)亀裂(きれつ)崩落(ほうらく)
御供所壁(ごくしょかべ)亀裂(きれつ)崩落(ほうらく)
庫裏壁(くりかべ)亀裂(きれつ)崩落(ほうらく)茅葺(かやぶき)(むね)飾り(かざり)にずれ

本堂壁(ほんどうかべ)亀裂(きれつ)
諸堂(しょどう)軸部(じくぶ)(ゆる)発生(はっせい)

宝物(たからもの)什器(じゅうき)(など)
毘沙門天像(びしゃもんてんぞう)二体(にたい)倒壊(とうかい)大破(たいは)(その他、数体(すうたい)持物(じもつ)(など)落下(らっか)

丈六(じょうろく)不動(ふどう)(そん)光背(こうはい)破損(はそん)

(べん)才天(ざいてん)光背(こうはい)落下(らっか)破損(はそん)
位牌(いはい)()具足(ぐそく)(とう)転倒(てんとう)破損(はそん)



 (たい)   (しょ)
 3月11日(金)
地震(じしん)発生(はっせい)当日(とうじつ)御神域(ごしんいき)及び(および)境内(けいだい)諸堂(しょどう)検断(けんだん)ののち、位牌(いはい)転倒(てんとう)(など)軽微(けいび)なものを、(ただ)復旧(ふっきゅう)同日(どうじつ)(たっ)(こく)西光寺(せいこうじ)番匠(ばんしょう)(しき)宮大工(みやだいく)佐藤(さとう)時男(ときお)棟梁(とうりょう)諸堂(しょどう)被害(ひがい)調査(ちょうさ)に、同じく(有)新生(しんせい)が石(どう)(ろう)墓石(ぼせき)(とう)被害(ひがい)調査(ちょうさ)來山(らいざん)

(よく)12日(土)から毘沙門堂(びしゃもんどう)不動堂(ふどうどう)辯天堂(べんてんどう)金堂(こんどう)御供所(ごくしょ)の順に片付(かたづ)けと復旧作業(さぎょう)を数日()けて行う。同日に佐藤時男棟梁が來山して、諸堂(しょどう)点検(てんけん)の上、(くさび)締め(じめ)(など)緊急(きんきゅう)修繕(しゅうぜん)を行う。

15日(火)に(有)新生が転倒(てんとう)した西側(にんがわ)一本目(いっほんめ)(とう)(ろう)復元(ふくげん)(なら)びに(てん)(とう)した石碑(せきひ)と墓石の復元(ふくげん)工事(こうじ)完了(かんりょう)

19日(土)に佐藤時男棟梁以下大工3人が毘沙門堂(びしゃもんどう)(ゆか)修理(しゅうり)丈六(じょうろく)不動(ふどう)(そん)光背(こうはい)取付(とりつ)け、薬医門(やくいもん)修覆(しゅうふく)(とう)を完了。

21日(月)に黙笑(もくしょう)(あん)佐久間(さくま)仏師(ぶっし)(らい)(ざん)毘沙門天王像二躯(びしゃもんてんのうぞうにたい)魂抜(たまぬき)法要(ほうよう)(あと)(べん)才天(ざいてん)光背(こうはい)(あわ)せて修繕(しゅうぜん)のため工房(こうぼう)移送(いそう)

22日(火)に西洞(さいどう)左官(さかん)により()沙門堂(しゃもんどう)(かべ)修繕(しゅうぜん)完了(かんりょう)。31日(木)現在(げんざい)金堂(こんどう)(かべ)修繕中(しゅうぜんちゅう)完了後(かんりょうご)本堂(ほんどう)御供所(ごくしょ)庫裡(くり)(じゅん)修繕(しゅうぜん)予定(よてい)


 その他、
仏具(ぶつぐ)()具足(ぐそく)(とう)修復(しゅうふく)(かん)しては4月以降(いこう)実施(じっし)予定(よてい)。同じく(株)佐々木(ささき)クレーンによる境内(けいだい)整備(せいび)点検(てんけん)と(有)熊谷(くまがい)産業(さんぎょう)による御供所茅葺屋根修覆(ごくしょかやぶきやねしゅうふく)工事(こうじ)予定(よてい)



平成(へいせい)廿(にじゅう)二年(にねん)(たっ)谷窟(こくのいわや)毘沙門(びしゃもん)堂御修覆(どうごしゅうふく)工事(こうじ)完了(かんりょう)()()らせ

平成(へいせい)廿(にじゅう)二年(にねん)毘沙門(びしゃもん)堂御修覆(どうごしゅうふく)工事(こうじ)が、師走(しわす)十四日(じゅうよっか)彩色(さいしき)工事(こうじ)(もっ)て、無事(ぶじ)完了(かんりょう)いたしましたことを御報告(ごほうこく)(もう)()げます。

御修復(ごしゅうふく)(さい)しましては、日本(にっぽん)国中(こくじゅう)善男(ぜんなん)善女(ぜんにょ)より沢山(たくさん)御寄進(ごきしん)(たまわ)りましたことに(あつ)御礼(おんれい)(もう)()げますとともに、何卒(なにとぞ)御來山(ごらいざん)(くだ)さいますよう御案内(ごあんない)(もう)()げます。                 かしこ

                 

 いはやべつたう (たっ)(こく)西光寺(せいこうじ)

達谷窟毘沙門堂・屋根葺替工事 写真

  
【過去のお知らせ】
 平成22年11月4日 達谷窟毘沙門堂屋根葺替工事
 平成22年4月17日 窟毘沙門堂御開帳
 平成21年1月1日 窟毘沙門堂御修覆寄進の御願い
  平成20年6月25日 地震見舞御礼


▲ホーム
達谷窟毘沙門堂 達谷西光寺 お知らせ 行事案内 拝観料金 案内地図 お札販売 御祈祷案内 リンク

達谷窟毘沙門堂
別當 達谷西光寺 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字北澤16番地 TEL・FAX 0191-46-4931